伊賀 忍ポークのおいしさの秘訣

1.場所

伊賀は盆地です。盆地特有の厳しい環境に身を置くことによりとても深い味の肉が育つのです。
豚の家は天井が開閉式になっていて、夏は満点の星空を見上げながら、冬は日を浴びて。
平飼いでのびのび育てています。

2.豚のごはん

伊賀の水

酒処でもある伊賀ではならではの美味しい水を毎日飲むことによりより美味しいお肉に仕上がるのです。
G7サミットで振る舞われた「伊賀の半蔵」は伊賀の銘酒です。

伊賀の米

毎年全国の特A米に指定されるほど美味しい米です。
その伊賀産米を飼料に添加しています。

3.まごころ

やはり何よりも愛情です。
とよさ株式会社の「伊賀 忍ポーク」は1頭づつ手で餌をあげています。
お部屋掃除を毎日します。
飼料にもこだわり、多くの人手を要して、丁寧に飼育していくことで美味しい豚肉が生まれてくるのです。

また長期期間、肥育することで甘みがぐんと増します。
品種は特選した三元豚です。